teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS マラソンの起源

<<   作成日時 : 2017/03/12 08:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前450年9月、アテネの名将ミルティアデスはマラトンの平原に上陸したアケメネス朝ペルシアの大軍を撃退しました(マラトンの戦い)。勝利という知らせをアテネに伝えるためにフィディピデスという兵士が伝令に選ばれました。彼はマラトンから約40km離れたアテネまで駆け抜けて、アテネの郊外で「勝った!」と告げた後に力尽きて、息を引き取ったと言われています。ヘロドトスの「歴史」によるとされていますが、これが史実かどうかは諸説があります。

 マラソン



この故事をもとに、フランスの言語学者ミシェル=ブレアルの提案により、1896年にアテネで開かれた第1回オリンピックにマラトンからアテネのパナシナイコ競技場までの競争が加えられました。これがマラソン競走の始まりだそうです。翌1897年にはボストンマラソンが行われました。

マラソンの距離は、42.195kmと設定されています。これは古代マラソンに直接由来していません。競技距離が統一されたのは、第8回パリオリンピック(1924)からで、42.195kmとされました。なお、1984年のロサンゼルスオリンピックから女子のマラソンが正式に採用されました。





ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マラソンの起源 teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる