アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
teijuの「切手で見る世界の歴史」
ブログ紹介
ホームページ「切手で見る世界の歴史」は通史的に切手を並べて解説をつけましたが、このブログでは、人物や事項を掘り下げて説明しようと思います。取り上げたらいいと思われる人名や事項などがありましたらメールしてください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
強制収容所からの解放
強制収容所からの解放 連合国軍がナチス・ドイツに対する攻勢で、ヨーロッパを横断中、強制収容所の数万人の囚人たちに遭遇しました。これらの囚人たちの多くは、ナチス占領下のポーランドからドイツに向けての強行軍を生き延びた人たちでした。彼らは飢餓と病気に苦しんでいたそうです。 ナチスの強制収容所を初めて発見したのはソ連軍でした。1944年7月にポーランドのマイダネク強制収容所に到達しました。ソ連軍の進軍に意表を突かれたドイツ軍は、この収容所を壊して大量殺戮の証拠を隠そうとしました。収容所の職員たちは、殺害し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 15:41
シリアの独立(1941)
シリアの独立(1941) フランスの委任統治領であったシリアは、第二次世界大戦時の1940年にフランスが陥落したことにより1941年7月にイギリス軍と自由フランス軍に占領されるまでヴィシー政権の統治下に置かれました。 シリアは1941年7月27日に独立を宣言しました。しかしそれが一共和国の独立宣言として認識されたのは1944年7月のことでした。               シリアのハッサン大統領 1945年2月、シリアはドイツと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/19 20:07
内モンゴル自治区
内モンゴル自治区 内モンゴル自治区は、中華人民共和国が1947年にモンゴルの南部に設置した省級の自治体です。中国領土の北沿に位置する自治区です。「内蒙古自治区」とも言います。東西に長く延びており、北はモンゴル国、ロシア連邦と接しています。面積は日本の約3倍あります。              「内モンゴル自治区」成立60周年                 競技 堰@民族舞踊 内モンゴル自治区と名がついていますが、中華人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 07:56
ベルギーのレジスタンス組織
ベルギーのレジスタンス組織 ベルギーの秘密軍は、ナチス占領下の最大のレジスタンス組織です。ベルギーは1940年わずか18日でドイツ軍の攻勢の前に屈し、占領下に置かれました。 解散させられたベルギー王国軍の兵士たちは、いくつかの地下武装組織を構成していましたが、1944年、ロンドンにあったベルギー亡命政府のチャールズ=クローサー大佐のもとに結集し、一大レジスタンス組織を形成しました。秘密軍に参加した兵士は54,000人ほどいたらしく、連合軍のノルマンディー上陸作戦(2012年6月6日のブログ・ノルマンディー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/11 06:41
欧州文化首都ブロツワフ(ホーランド)
欧州文化首都ブロツワフ(ホーランド) ブロツワフは、ポーランド西部にある第4の都市です。ポーランドの中でも最も古い都市の一つです。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっているそうです。 ブロツワフは、かってさまざまの国の一部となっていました。ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ベーメン(ボヘミア)などです。第二次世界大戦後の1945年にポーランドとなりました。              ブロツワフのマーケット広場 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 22:17
アンナ=ヤギェロンカとステファン=バートリ(ポーランド王)
アンナ=ヤギェロンカとステファン=バートリ(ポーランド王) アンナは、ランド・リトアニア共和国の女王(在位1575〜86)です。 1572年にジグムント2世が世継ぎ亡く死去したため、シュラフタ(ポーランド貴族階級)は自由選挙で新王を選出することにしました。アンナも候補の一人にあげられていました。アンナはフランス王9世の弟アンリ(のちのアンリ3世)を夫に迎えたい意向を示していました。議会は1573年にアンリを新国王に選出しました。しかしアンナと28歳も年下のアンリとの縁談は失敗に終わりました。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 09:37
ヤン3世(ポーランド王)とオスマン帝国の第二次ウィーン包囲
ヤン3世(ポーランド王)とオスマン帝国の第二次ウィーン包囲 ヤン3世ソビエスキ(在位1674〜96)は、オスマン帝国との戦いで活躍し、1683年の第二次ウィーン包囲で勝利した。 名門の家に生まれたヤンは、クラクフの大学を卒業した後、見聞を広めるためヨーロッパ各地を旅行してまわり、後のイギリス国王チャールズ2世やフランス国王ルイ14世となる各国の王侯と交友を深めた。帰国したヤンは騎兵部隊の指揮官となり、反乱を起こしたコサックと戦った。その後ヤンは国王によってオスマン帝国の首都イスタンブル(2012年12月14日のブログ・イスタンブル参照... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 23:02
ガムラスタン
ガムラスタン ガムラスタンは、スウェーデン・ストックホルムの旧市街です。「古い街」とか「橋の間の街」を意味しているそうです。 ガムラスタンはスターズホルメン島を指します。小さい島で徒歩で一時間もあれば一周できるそうです。 街は13世紀に発祥しました。中世の小路、玉石敷きの通り、古風な建物が保存されています。 1980年代以降、ガムラスタンは中世の街並みやルネサンス建築などが魅力となって、多くの観光客が惹きつけているそうです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 08:19
ワルシャワ壊滅
ワルシャワ壊滅 1939年9月1日にナチス・ドイツがポーランドへ侵攻(2015年3月2日のブログ・ドイツ軍のポーランド侵攻参照)、ワルシャワ(2016年4月18日のブログ・ワルシャワ参照)はドイツ軍の電撃戦による空爆と砲撃にさらされ、9月27日にドイツの占領下に置かれました。占領開始から4年間、ドイツはワルシャワ壊滅作戦を計画的に進めました。 1939年と1945年の       陸軍司令部          聖十字架教会     ワルシャワの風景 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 08:38
ダンツィヒのポーランド郵便局での攻防
ダンツィヒのポーランド郵便局での攻防 自由都市ダンツィヒ(現在のグダニスク、2014年3月2日のブログ・中世・近世のグダニスク参照)のポーランド郵便局は、1935年からポーランド諜報組織の重要な部分となっていました。郵便局職員は拳銃を隠し持ち、ナチス・ドイツ軍の攻撃に備えていました。 1939年9月1日午前4時頃、ナチスのSS(親衛隊)と秩序警察の特殊部隊(ダンツィヒ警察)のドイツ軍はポーランド郵便局への攻撃を開始しました。当時郵便局には、57人の職員らがいました。職員の武器はほとんどが拳銃で、軽機関銃と手榴弾もあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 06:29
デカポリス
デカポリス デカポリスは新約聖書の福音書に登場するガラリア湖南方のヨルダン川両岸の地域にむあるパレスチナ(2014年8月29日のブログ・パレスチナ参照)におけるギリシアの10の植民地の町です。デカポリスは「10の町」という意味だそうです。 10の町は、ガダラ、ゲラサ、ウンムカイス、ペラなどの町です。これらの町は、アレクサンドロス大王の後継者たち(プトレマイオス朝、セレウコス朝)によって建てられました。     ウンムカイスの円形劇場 ゲラサの列柱のある舗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/05 06:23
クラクフ蜂起
クラクフ蜂起 1815年のウィーン議定書で、クラクフは自治共和国・クラクフ共和国の地位を認められました。しかし、オーストリアによる干渉は強まる一方であり、1846年2月にクラクフ市民が反オーストリア蜂起・クラクフ蜂起をおこしたが鎮圧され、オーストリアに併合されてクラクフ大公国となり、自治権は失われました。      クラクフ蜂起     1848年のポーランド独立運動 この蜂起は33年後におこる1848年のヨーロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 06:54
ヨハネ=パウロ2世(ローマ教皇)
ヨハネ=パウロ2世(ローマ教皇) ヨハネ=パウロ2世は、ポーランド出身のローマ教皇(在位1978〜2005)です。オランダ出身のハドリアヌス6世(在位1522〜23)以来455年ぶりの非イタリア人教皇で、史上初のスラヴ系の教皇です。 クラクフ司教からヴァチカン(2014年7月28日のブログ・ヴァチカン参照)の枢機卿をへて、前任のヨハネ=パウロ1世が就任直後急逝したあとを受けて就任しました。  ヨハネ=パウロ2世 ギリシア正教やプロテスタントとも対話し、ソ連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 06:06
コルバイ修道院
コルバイ修道院 コルバイ修道院は、ドイツ北部のホクスター近郊のにあるフランス・カロリング朝時代の代表的聖堂です。 ザクセン地方の布教のためにカール大帝(在位768〜814)(2013年6月18日のブログ・カール大帝参照))の第3子のルートウィヒ1世(ルイ1世、敬虔王、在位814〜840)によって844年に創立されたベネディクト派の修道院です。870年に火災にあってのち増築され、885年に左右両脇に2つの塔を持つ西正面は、カロリング朝時代のもとの形をとどめ、城塞のような構造に特色があります。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 06:38
ポーランドのキリスト教受容1050年
ポーランドのキリスト教受容1050年 今年(2016年)はポーランドがカトリック教国となってちょうど1050年になります。ポーランドがカトリック教を受容したのは966年のことでした。 ポーランドの隣国に962年オットー1世(2012年11月3日のブログ・オットー1世参照)により、神聖ローマ帝国が成立しました。神聖ローマ帝国がキリスト教化し、勢力を強大化していました。ポーランドも、キリスト教を受け入れない限り、隣国から異教国として侵略される可能性があります。 そこで時のポーランド国王ミェシュコ1世は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 06:30
トルコのイサク・パシャ宮殿
トルコのイサク・パシャ宮殿 トルクコ東部の都市ドウバヤズットにある宮殿です。市街中心から東に約5kmのアララト山の麓に建っています。17世紀にこの地を治めていたクルド人(2012年12月3日のブログ・クルド人参照)の知事イサク・パシャによって建設が始まりました。            イサク・パシア宮殿 宮殿完成までに約100年という長い年月を費やし、イサク・パシアの孫にあたる18世紀末のメフメト・パシャの時代にようやく完成しました。広大な敷地内には... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/12 08:47
アルメニア人虐殺
アルメニア人虐殺 アルメニア人虐殺は、オスマン帝国の少数民族でキリスト教徒のアルメニア人の多くが、19世紀末から20世紀初頭の2度にわたり、強制移住や虐殺などによって死亡した事件です。 第一次世界大戦に同盟国として参戦したオスマン帝国は、連合国のロシアと戦いました。オスマン帝国政府(青年トルコ)は帝国に居住するアルメニア人がロシア側につく動きがあるとして、1915年からアルメニア人の「反乱鎮圧」に乗り出しました。アルメニア人側はオスマン軍により150万人が計画的・組織的に虐殺されたとして「ジェノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 11:52
白居易の「長恨歌(ちょうこんか)」
白居易の「長恨歌(ちょうこんか)」 「長恨歌」は、中国唐後期の詩人、白居易(はくきょい)によって作られた長編の漢詩です。唐代の玄宗皇帝(在位712〜56)と楊貴妃のエピソードを歌い、平安時代以降の日本文学にも大きな影響を与えました。   白居易 白居易と「長恨歌」のイメージ 白居易は太源(山西省)の人です。字は楽天。5〜6歳で詩を作ることが出来たと言われています。29歳で科挙の進士科に合格して官につき、刑部尚書(けいぶしょうしょ)にまて゜進みました。また平易... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/24 06:25
マウォポルスカ南部(ポーランド)の木造聖堂
マウォポルスカ南部(ポーランド)の木造聖堂 中世後期に起源を持つこの地方の木造聖堂の様式は、ゴシック様式の装飾や色とりどりの細部で始まりましたが、木造であることから、石やレンガで出来たゴシック建築とは、構造も全体像などは大きく異なっていると言われています。これらの聖堂の形態は、この地方での東方典礼カトリック教会や正教会の存在に深く影響されているそうです。 後の時代に建設された木造聖堂には、ロココ様式やバロック様式の装飾的影響を示しているのもあるそうです。いくつかの教会は、上から見ると、ギリシア十字形をしており、たまねぎド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 21:05
イースター蜂起
イースター蜂起 イースター蜂起は、1916年のイースター(復活祭)週間にアイルランドで起きた武装蜂起です。14年議会を通過したアイルランド自治法案が第一次世界大戦によって実施延期となったことに不満を持ったアイルランドの急進派が、イギリスの支配を終わらせ、アイルランド共和国を樹立する目的で引き起こしました。   アイルランド共和国樹立宣言       蜂起軍の旗 復活祭の期間を利用して4月24日から30日まで蜂起は続きました。教師で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/16 08:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる