teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS エリザベス2世戴冠式

<<   作成日時 : 2012/06/02 05:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イギリス女王のエリザベス2世は(在位1952〜)、1953年の今日(6月2日)戴冠式が行われました。エリザベス2世について調べましょう。
エリザベスは父ジョージ6世の長女として1926年に誕生しました。1947年ヴィクトリア女王(5月24日のブログ・ヴィクトリア女王参照)の子孫でギリシア王族出身のエディンバラ公フィリップと結婚しました。病弱であったジョージ6世は1952年2月6日未明に急死しました(3月26日のブログ・ジョージ6世参照)。これを受けエリザベスは即位してエリザベス2世となりました。

翌1953年6月2日にウェストミンスター寺院で戴冠式が挙行されました。この模様は世界各国にテレビ中継されたそうです。日本からは皇太子昭仁親王(今上天皇)が昭和天皇の名代として列席されました。今年は在位60年の節目の年です。

 エリザベス2世戴冠式      ウェストミンスター寺院


3男1女の母ですが、近年は息子たちの離婚・再婚問題や孫ヘンリー王子のスキャンダルなどがあります。しかし女王の人気はイギリス国内で高く、国民は退位を望んではいないといわれています。

イギリス議会の時計塔「ビッグベン」はエリザベス2世在位60年を祝って「エリザベス・タワー」に変更されるそうです。
エリザベス2世は、現代のイギリス女王であり、イギリス連邦の象徴でもあります。
フォークランド島の切手
エリザベス1世とエリザベス2世(右)

ホームページはインターネットの「切手で見る世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エリザベス2世戴冠式 teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる