teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS アリストテレス

<<   作成日時 : 2018/06/08 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アリストテレスは前4世紀後半、実証的・科学的方法で諸学の基礎を確立し、哲学と諸科学を結合して古代ギリシアの学問を集大成した大哲学者です。その研究は自然科学、論理学、倫理学、政治学、詩学などの多方面にわたりました。アリストテレスの哲学は、イスラムの諸学問や中世ヨーロッパのスコラ学(カトリック神学の基礎)をはじめ、近代ヨーロッパの観念論哲学に大きな影響を与えたと言われています。

 家庭教師のアリストテレスと
                                   マケドニアの地図

   アリストテレス
 ビザンティンのフレスコ画より
     プラトン        アリストテレス

アリストテレスは17歳からアテネのアカデメイアで20年間プラトンに学びました。師の没後アテネを去り、のちマケドニアのフィリッポス2世に招かれて、当時13歳であった王子アレクサンドロス(のち大王)(2017年6月1日のブログ・アレクサンドロス大王参照)の教育係りに従事しました。大王即位後、アテネに戻り、大王から巨額の寄付をえて、アカデメイア(アカデミーの語源)の隣にリュケイオン(学園)を創設し、13年間研究と教育に専念しましたが、大王急逝後亡命、まもなく61歳で没しました。代表的著書に『アテネ人の国制』『形而上学』『政治学』があります。


ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリストテレス teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる