teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤスナ・グラ(ポーランド)の黒い聖母(ブラックマドンナ)

<<   作成日時 : 2018/02/12 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤスナ・グラの聖母はポーランドの古都クラクフ(2013年10月7日のブログ・クラクフ参照)近郊の聖地チェンストホヴァのヤスナ・グラ修道院に納められている、イエス・キリストを抱いたマリア像の絵画(イコン)(2013年7月9日のブログ・イコン参照)です。聖母マリアの顔が修道院に火が点けられたときの煤で黒くなっているので「黒い聖母(ブラックマドンナ)」の異名があります。
このイコンはヤスナ・グラ修道院を建てたオポーレ公ヴワディスワフによって1382年にエルサレム(2014年9月15日のブログ・エルサレム参照)からチェンストホヴァに運ばれ、ヤスナ・グラ修道院に安置されました。1655年にスウェーデン軍がポーランド侵攻したとき、ワルシャワ(2016年4月8日のブログ・ワルシャワ参照)やクラクフが占領されましたが、ヤスナ・グラ修道院だけはスウェーデン軍の攻略に屈することがなかったため、「黒い聖母」の奇跡だと言われています。

 

   ヤスナ・グラの「黒い聖母」(ブラックマドンナ)

「チェンストホヴァの聖母」の祝日は、8月26日です。被昇天の祝日である8月15日には、国民の大多数がカト
リック教徒であるポーランドでは各地から徒歩で、また各国の信者たちもたくさん訪れているそうです。




ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤスナ・グラ(ポーランド)の黒い聖母(ブラックマドンナ) teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる