teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンツィヒ

<<   作成日時 : 2017/08/01 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ダンツィヒは、ポーランド北部、ウィスツラ(ウィスラ)川河口のバルト海に臨む港湾都市グダニスク(2014年3月2日のブログ・グダニスク参照)のドイツ語名です。
1309年ドイツ騎士団領となり、ハンザ同盟に加入し、東西ヨーロッパ間の交易で繁栄しました。16世紀と17世紀に商業都市として最盛期を迎えましたが、その後度重なる戦争によって、ダンツィヒの経済は次第に衰え、1793年の第2次ポーランド分割によってプロイセン領となり、住民のドイツ文化への同化政策により、住民の多くはドイツ人となりました。
第一次戦争後は、ヴェルサイユ条約で、国際連盟管理下の自由都市となりました。住民はドイツ人が主体で有りながら、市の外交権はポーランドが得ました。

市のドイツ系住民の民族主義が強まる中、1933年市の議会ではナチスが第一党となり、ポーランド系住民に対する弾圧が行われ、35年以後、ナチスに実質的に支配され、ダンツィヒ港には対ポーランド戦争に備えて、ドイツ本土から大量の武器弾薬が送り込まれました。ナチス親衛隊の構成員も一般市民を装って大量に潜入しました。

1939年9月1日ナチスはポーランド侵攻を開始、第二次世界大戦となりました。


  ナチス占領下のダンツィヒ

      カギ十字旗とダンツィヒの紋章など





ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンツィヒ teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる