teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS チェーホフ

<<   作成日時 : 2017/04/14 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チェーホフはロマノフ朝(1613〜1917)j末期の、19〜20世紀初めのロシアの作家です。短編小説の名手、近代劇の確立者と言われています。
19世紀末の出口のないロシア社会のさまざまな暗い面をリアルに描き、同時につねに、温かな目で未来を見つめようとしました。短編に「かわいい女」、戯曲に「かもめ」(1896)、「三人姉妹」(1901)、「桜の園」(1903)などがあります。

         チェーホフと「桜の園」の一場面


ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェーホフ teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる