teijuの「切手で見る世界の歴史」

アクセスカウンタ

zoom RSS アムステルダム

<<   作成日時 : 2017/02/24 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オランダ・ホラント州のアムステルダムは商業と観光の盛んなオランダ最大の都市です。地名は「アムステル川のダム」の意味だそうです。憲法で規定されたオランダの首都ですが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館などは、デン・ハーグにあります。

元々は小漁村でしたが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、街が開けました。大航海時代にアントウェルペン(アントワープ)が世界貿易の中心となって以来、仲介貿易によって急速に発展しました。オランダ独立戦争(1568〜1609)によるアントウェルペンの衰退に代わって、新興のオランダ共和国の中心としてだけでなく、17世紀には国際貿易、金融の要としての地位を獲得し、文化的にも黄金時代を迎えました。
1815年オランダ王国の成立とともに首都に定められました。
 
切手はベギン会修道院、アムステルダム西教会、
運河沿いのプロテスタント教会の鐘楼などを描く。


第二次世界大戦中、ドイツ軍によって占領され、多くのユダヤ人が強制収容所に送られました。

現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ=フランク(2013年10月3日のブログ・アンネ=フランク参照)の家などて知られています。


ホームページはインターネットの「切手でみる世界の歴史」で検索してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アムステルダム teijuの「切手で見る世界の歴史」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる